立教大学 オリンピアン・パラリンピアンによるトークイベント「東京2020大会に向けて」(2017.10.15)

Pocket

 オリンピアンとパラリンピアンにアスリートとしての自身の体験、東京2020大会に向けて、区民や学生に期待することなどを語るトークイベントを開催。
区民、学生にとって、東京2020大会に向けた主体的な活動(「みる」「する」「支える」)に踏み出すための最初の一歩となるイベントです。

 

立教大学 オリンピアン・パラリンピアンによるトークイベント「東京2020大会に向けて」

立教大学 オリンピアン・パラリンピアンによるトークイベント「東京2020大会に向けて」

講師

元競泳選手/ロンドンオリンピック女子100m背泳ぎ銅メダリスト
 寺川 綾 氏
 1984年、大阪府大阪市生まれ。3歳から水泳を始め、中学時代より頭角を現す。2001年、高校2年時に世界水泳選手権出場。2002年パンパシフィック選手権銀メダル、2004年アテネオリンピックでは、8位入賞(いずれも200m背泳ぎ)など数々の国際大会で活躍。大学卒業後はミズノ株式会社に入社。2008年北京オリンピック出場を逃すが、喘息治療を行うとともに、北島康介選手を育てた平井コーチに師事し、見事に復活を遂げる。2009年、2010年は日本選手権で"背泳ぎ三冠"を達成。2011年世界選手権では50m背泳ぎで銀メダル。2012年ロンドンオリンピックでは100m背泳ぎで銅メダルに輝き、400mメドレーリレーでは、第1泳者として銅メダル獲得に貢献。2013年世界選手権では、50m、100m背泳ぎの2種目で銅メダルに輝いた。同年、12月に引退を表明した。
現在、ミズノ株式会社スイムチームコーチとして後進の指導およびスポーツの振興に尽くす。
2017年6月より、(公財)日本水泳連盟アスリート委員。
テレビ朝日報道ステーションスポーツキャスターとしても活躍中。

競泳選手/リオデジャネイロ パラリンピック男子50m自由形S9クラスで銅メダリスト
山田 拓朗 氏
1991年、兵庫県三田市生まれ。生まれつき左肘から先がない「先天性左前腕亡失」。水が苦手だったためご両親がスイミングスクールに入会。3歳から水泳を始める。めきめきと実力をつけ、スイミングスクール選手コースに。ジュニア時代か圧倒的な実力で注目を集め、2003年フェスピックユース大会、国際大会に初出場を果たす。2004年のアテネ・パラリンピックに日本選手史上最年少の13歳で出場。以降、2008年北京大会で100m自由形5位など数々の国際大会に出場。2010年に筑波大学体育専門学群に入学とともに、筑波大学水泳部に所属。2012年ロンドン大会で50m自由形4位と実績を重ねる。2014年より株式会社NTTドコモに入社し、社会人スイマーとしてトレーニングを続ける。
パラリンピックでの頂点を目指すため、専任コーチとして、2015年10月よりロンドンオリンピック平泳ぎ銅メダリスト立石涼選手を担当していた、高城直基コーチに師事。2016年9月、4回目のパラリンピック出場となるリオ大会において、50m自由形で銅メダルを獲得。
現在、現役選手として株式会社NTTドコモに勤務しながら、2020年東京パラリンピックを目指すため日々トレーニングを続けている。
クラス(障がいの度合い・泳法): S9 SB8 SM9
開催日時 2017年10月15日(日) 10:30〜12:00(10:00開場)
開催場所 豊島区 立教大学池袋キャンバス9号館大教室(東京都)
主催 豊島区、立教大学
申込

事前申し込み 不要
参加費 無料
定員:500名 ※満席の場合、入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

 

公式ページ

立教大学 http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/10/mknpps0000004zy5.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ 国際スポーツ大会へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です